今年も大成功&盛況に終わった「ULTRA JAPAN 2015」。
世界トップのDJたちが多数出演し、のべ9万人のオーディエンスを絶えずロックしていましたが、今回はそんな「ULTRA JAPAN 2015」でヘヴィープレイ&印象的だった楽曲をピックアップ!

3日間に渡って何度もかかったビッグ・アンセムから、とりわけ大盛り上がりした楽曲、さらにはみんなの心に刻まれた名曲を10曲紹介します!

これを見て、聴いて、「ULTRA JAPAN 2015」のあの感動をもう一度!

01. Major Lazer & DJ Snake“Lean On (feat. MØ)”
yt1

「ULTRA JAPAN 2015」で一番プレイされたであろうメイジャー・レイザー&DJスネイクの“Lean On (feat. MØ)”。
今年上半期最大のヒット曲で、7月には米ビルボードのダンス・エレクトロニックソング・チャートで1位を獲得。
YouTubeの再生回数も5億回を突破しているこのモンスター・アンセムは、アーミン・ヴァン・ブーレンにフェデ・ル・グランド、ダッシュ・ベルリン、もちろんDJスネイクもプレイ。
なんといってもインパクトあるし、今最もアツい曲ですね。

02. Calvin Harris & Disciples“How Deep Is Your Love”
yt2

大方の予想通り、こちらもヘヴィープレイされまくったカルビン・ハリス&ディサイプルズの“How Deep Is Your Love”。
7月にリリースされて以降、世界中のDJたちが愛用している曲です。
「ULTRA JAPAN 2015」では、フェデ・ル・グランドやダッシュ・ベルリン、デヴィッド・ゲッタらがプレイ。
オリジナルというよりアカペラやリミックスが多用されていましたが、どれもホントかっこいい!

03. Skrillex and Diplo Jack U “Where Are Ü Now with Justin Bieber”
yt3

「ULTRA JAPAN 2015」でよく耳にした3曲をあげよ、となったら“Lean On (feat. MØ)”、“How Deep Is Your Love”、そしてこの曲“Where Are Ü Now with Justin Bieber”。
スクリレックス&ディプロによるジャックUのビッグ・アンセムです。
本家マイアミではジャスティン・ビーバーがステージに登場したこともあって鬼盛り上がりでしたが、ここ日本でも2日目スクリレックスが冒頭と最後にプレイし大熱狂。彼以外にもデヴィッド・ゲッタなども使ってました。

04. Skrillex And Diplo“Jungle Bae”
yt4

ジャックUつながりで言うならこの曲も。
アクセントを付けるにはピッタリの“Jungle Bae”は、フェデ・ル・グランド、アフロジャック、デヴィッド・ゲッタらがプレイ。
その他にも、ジャックUの曲は様々なアーティストがプレイしていました。さすがの人気です。

05. Axwell Λ Ingrosso “Sun Is Shining”
yt5

前述の神曲3曲に続く曲としては、今年リリースされて話題になったアクスウェル&イングロッソの“Sun Is Shining”。
美しくも壮大な楽曲とあって、ぶちアゲ系よりも美メロ系からの人気が高く、アーミン・ヴァン・ブーレンやアレッソがプレイ。
「ULTRA JAPAN 2015」の会場で聴くと気持ちよさ5割増しでした。

06. The Weeknd“Can’t Feel My Face (Martin Garrix Official Remix)”
yt6

カナダ人R&Bシンガー:ザ・ウィークエンドのヒット曲をマーティン・ギャリックスがリミックスしたこの曲も今年の夏に発表され、話題沸騰中の1曲。
ニッキー・ロメロやデヴィッド・ゲッタ、リミックス違いでダッシュ・ベルリンも使っていました。

07. Armin van Buuren feat. Mr. Probz“Another You”
yt7

初日の見所と言えば、アフロジャックの盛り上がりっぷりもさすがでしたが、アーミン・ヴァン・ブーレンも外せません。
ハードウェルとの新曲“Off The Hook”や彼の一大アンセム“Ping Pong”からの一連の流れも素晴らしかったですが、今回はミスター・プロブズがサプライズで登場したこの曲をピックアップ。

08. Alesso“Heroes (we could be) ft. Tove Lo”
yt8

見所満載の最終日、なかでもアレッソの人気っぷりはスゴかったです。
昨年のプレイで一躍日本のファンの心を鷲掴みにしていたようですね。
今回は序盤インストで攻めつつも“Sweet Escape ft. Sirena”や“If I Lose Myself (Remix)”での大合唱、そしてクライマックスは“Heroes (we could be) ft. Tove Lo”とまたまた魅せてくれました。
あの感動的なラストは「ULTRA JAPAN 2015」の中でも屈指のハイライト。

09. Dimitri Vegas & Like Mike vs Martin Garrix“Tremor”
yt9

「ULTRA JAPAN 2015」の大トリを飾ったデヴィッド・ゲッタ。アンセム連発のすさまじいセットでしたが、特にラスト30分の怒濤の猛攻にはシビれました。
“Dangerous”や“Lovers On The Sun”といった自身のヒット曲を連投しつつ、その合間にマッシュアップしていったこの曲の盛り上がりたるや……お台場が揺れていました!

10. David Guetta Feat. Akon“Sexy Chick”
yt10

デヴィッド・ゲッタが「ULTRA JAPAN 2015」を何で締めくくるのか、序盤〜中盤に彼の代表曲である“Titanium”や“Hey Mama”がかかっていただけに、すごく気になったところでしたが、彼が選んだのはまさかの“Sexy Chick”。ちょっと意外でしたね。

この他にも、3日間にわたりメインステージでは最新のアンセムはもちろんのこと、ショウテックの“Booyah”やマーティン・ギャリックスの“Animals”、アヴィーチーの“Levels”といった名アンセムもプレイされ、その威力は健在。

また、みんなマッシュアップしまくりなので、他ジャンルのアンセムや往年の名曲、ダフト・パンクの“Harder,Better,Faster,Stronger”などが結構使われていたことも印象的でした。

往年の名曲繋がりで言えば、今年初登場のアンソロはジャミロクワイの“Canned Heat”でスタートし、途中アース・ウインド & ファイアーの“September”までかけたりとちょっと新鮮でした!

Text by EDM MAXX編集部(James)