イギリスの大衆紙『The Sun』によると、ケイティーはディプロこそが自身の新曲“Crocodile Tears”をプロデュースしてくれる人だと考え、2人はプロデュース契約を交わしたそうです。

しかも、この新曲には彼女がこれまで我慢してきた、テイラーへ言いたいこと(文句!?)がたくさんこめられているんだとか。

ディプロは2014年、Twitterで「尻の小さいテイラーのためにKickstarterで豊尻手術代を資金調達しよう」とテイラーの体型を揶揄。
彼女のファンを巻き込み大炎上していましたが……やっぱり懲りてなかった?

Text by EDM MAXX編集部(Gantai)

関連記事
テイラーやM.I.A.! ディプロのゴシップ情報が賑やか
ディプロとCLらのコラボ曲“Doctor Pepper”のMVが公開中