いよいよ今週日曜日に迫ったラスベガスで開催される「第58回 スーパーボウル」。
現地時間の8日12時頃、ファンがこのイベントを心待ちにしている最中に、突然のニュースが飛び込んだ。
スーパーボウル史上初の試合内DJとして出演が決定していたTiëstoが家族の緊急事態のために辞退したことを発表。

初のインゲームDJが来年に持ち越しになるかと思われたその時、新たなニュースが発表。 Tiëstoの代打として、アメリカ・シカゴ出身のDJ/プロデューサーKaskadeが出演することが決定。 Kaskadeがスーパーボウル全体を音楽で演出する史上初のDJとなった。




 


 


 


この投稿をInstagramで見る

 

Kaskade(@kaskade)がシェアした投稿


Kaskadeはこのように語った。
「ラスベガスで行われるスーパーボウルの試合にエレクトロ・ミュージックのアーティストとして初めて参加できることは、まるで故郷に帰ってきたような感覚です。そして、自分のコミュニティを代表できることに本当に興奮しています。」

「第58回 スーパーボウル」は日本時間で2月12日(月)午前8:30頃キックオフ予定。
試合の模様は日本ではDAZN(NFL Game Pass)などで配信予定。