このコラボレーションについて、Wavedashは次のように語っている。
「ありそうでなかった5人のコラボが、単なる部分の総和よりも大きな結果を生み”美しい音楽”を作った。僕らが作ったオリジナルのビートに、マデオンの達人級のポップ・ライティング、チャズの耳に残る曲を作る能力がなければ、この曲は完成しなかった。僕らが楽しんで作ったのと同じくらい、皆もこの曲を聴いて楽しんでほしい。」
今作は、Madeonがプロダクションからヴォーカルまで参加しており、5人の才能が存分に発揮された素晴らしい1曲である。




このシングルは、自身が所属する”FADER LABEL”からリリース予定のミックステープ『Tempo』にも収録される。