昨年のULTRA JAPAN 2023でも大トリを務め、世界最高峰のパフォーマンスを披露したSkrillex
注目された第66回グラミー賞で見事 「Skrillex、Fred again..、Flowdan – Rumble」で最優秀ダンス/エレクトロニック・レコーディング賞を受賞。

この部門で他にノミネートされた「Aphex Twin / Blackbox Life Recorder 21F」、「James Blake / Loading」、「Disclosure / Higher Than Ever Before」、「Fred again..,Romy / Strong」を抑え、最優秀賞を獲得。

Skrillexは一人で壇上に上がり、若い音楽プロデューサーに向けて言葉を贈った。

「音楽を作りたいと思ってる皆さんに一番伝えたいアドバイスは、成功は追いかけたり捕まえようとするものじゃなくて、引き寄せるものだという事です」

今回の受賞はSkrillexにとって9回目のグラミー賞受賞であり、EDMアーティストでは最多となる。
Fred again..とFlowdanは今回が初受賞となった。

Fred again..は、2022年10月にリリースしたアルバム『ACTUAL LIFE 3(JANUARY 1 – SEPTEMBER 9, 2022)』でも最優秀ダンス/エレクトロニックアルバム賞を獲得し、ダンス部門を席巻。
この部門では他には「James Blake / Playing Robots Into Heaven」、「The Chemical Brothers / For That Beautiful Feeling」、「Skrillex / Quest for Fire」、「deadmau5,Kaskade / Kx5」がノミネートされた。

今回新たに追加された部門・ベスト・ポップ・ダンス・レコ―ディング賞では「Kylie Minogue / Padam Padam」が最優秀ポップダンスレコーディング賞を受賞。