EDMのレジェンド:デヴィッド・ゲッタが無許可のサンプリングで訴えられました。

問題の楽曲はサム・マーティンをフィーチャーした“Dangerous”。



フランス人プロデューサー、アンドレ・ドゥデクによると、この曲が自身の楽曲“Illuminations”を不法にサンプリングしているとのこと。

アンドレはゲッタやサム・マーティン、それからWarner MusicやAtlantic Recordsを相手取り、600万ドル(≒7億円)を求めています。

訴訟の行く末は置いといて、年収3000万ドルのゲッタなら払えそうなのが恐ろしいですね……。

Text by EDM MAXX編集部(Gantai)